資金繰りでお困りの社長さまにとっては、「なんとかして一刻も早く、資金繰りのメドを!」そうお望みの場合でも、希望通りに銀行融資を受けることができるか不安かもしれませんね。「業績が芳しくないので。。。」「赤字決算なので。。。」スムーズに銀行の融資審査が通るか心配です。他に選択肢が思いつかいないので。。。

もしかしたら、このようなお困りごとはありませんか?

資金繰りは事業経営そのものが順調であっても、手元資金に余裕がなくなり、支払先に支払いを待ってもらうわけにはいかない場合など、事業経営にとってアタマを悩ます難しい問題になっていることも。。。

資金繰りで苦慮する場面はさまざまなことと思われますが、その根本的な要因には、毎月必ず発生する賃料や人件費、その他の諸経費などのいわゆる固定費の支出時期と比較すると、入金そのものが月末締めの翌月もしくは翌々月など、入金時期まで一定期間を要する設定になっていることも大きく影響しているケースも珍しくないかも知れません。つまり、事業経営が順調であったとしても、ちょっとしたことがきっかけで、手元資金に余裕がなくなり、支払に必要な資金確保のために、一時的な運転資金の調達が欠かせない状況になってまいります。実際のところ、入金時期まで支払を待ってもらえるのでしたら、資金繰りにあれこれアタマを悩ますことも解消できるのですが、どんなに事情を説明しても、「御社の資金繰りの問題ではないですか?」このように断られてしまうのがシビアな現実であることも。。。資金繰りの悩みを取引先に相談するとなると、信用問題になりますので、これまで培ってきた信頼が大きく崩れてしまう恐れもあります。そのため、資金繰りの悩みは、社長がひとりで抱え込むといったことになりがちです。

資金繰りをするにあたって、いくつかの選択肢がありますが、知人・親戚からの借り入れ、銀行・信用金庫からの融資、不動産を担保したローンなど様々な資金繰りのなかから、現実的にはすでに銀行・信用金庫からの融資という選択肢は厳しい状況かもしれないとして、資金繰りそのものをあきらめかけている方も少なくないかも知れません。。。

資金繰りのための資金調達法も多様化しています。

これまではどちらかと言いますと、事業資金の調達のためには銀行の担保による融資、大半のケースでは不動産担保による融資が比較的メインであったのが、経営状況そのものをシビアに判断される傾向が見受けられることでしょう。

要するに、資産価値にウェイトを置いた担保融資も大切な要因でありながらも、それだけではなくなってきていることでしょう。

つまり、事業そのものの競争優位性・事業の将来性についての見極めがなされることを意味しますので、机上の経営改善計画書だけでは事足りないと判断されることも。。。

経営改善が実効性のあるものかを見極めるといった銀行融資の審査が厳しい状況になることも今では一般的になっているからかも知れません。

そのため、銀行融資による資金繰りをいざ具体的に準備しようとするとまず必要なことは、本質的な事業の経営改善策を策定することになります。

まずは、経営改善策を練り、その内容を詳細にわたって具体化したものとして経営改善計画書等の作成が欠かせなくなってまいります。

事業資金を確保するためには、一定の期間と準備が求められますので、たとえば、来月の入金予定が遅れてしまう見通しなので、どうしても、急な一時的資金が必要です。
月末までに資金繰りしたいのですが。。。

果たして、資金繰りで真っ先にあたまに浮かぶ銀行融資の審査に不安を抱えている場合にはどうすればよいのでしょう?

銀行融資の審査では直近の決算状態にも左右されることからも、赤字決算や債務を超過している場合など、審査そのものが厳しい見通しですと、一刻も具体的な資金繰りのために情報収集が求められます。

また、黒字決算でも安心できないシビアな状況とは? 黒字なのに資金繰りが厳しいケースでは、いくつかの要因が考えられることでしょう。

なかには、すでに、複数の銀行から融資を受けている場合で、返済のために資金繰りが悪化傾向のケースも。

さらには、すでに、銀行への返済についていわゆるリスケしている場合には、悪化傾向にある資金繰りの構造はリスケによって根本的な解決はまた別次元のことなので、やはり、キャッシュ・フローの改善が欠かせないことでしょう。

一般的には、融資を受けるには担保があること、第三者保証人がいること、経営改善のための具体的な施策があることなどが条件になります。

その一方では、急な資金繰りを必要とする事業者向けに、原則、無担保、第三者保証人無しで、しかもスピード審査での申込みができるビジネスローンがあります。事業者ローンに特化している融資元企業はリース事業なども行っている総合的なファイナンシャル事業を展開していることも珍しくありません。ビジネスローン 比較はWEBサイトでリサーチすることができます。

とくに、一時的な資金の調達を迅速に行いたいとお望みの方は、もしかしたら、ビジネスローン 即日という検索をして、可能なかぎり速やかな事業資金の融資をうける準備をすすめようとしているかも知れませんね。

資金繰りの相談

「資金繰りの相談」となりますと、最初に銀行融資のことが思い浮かぶことでしょう。

それから、現在の経営収支のこと、さらには、担保がないこと、しかも月末までには資金繰りが必要であること、さまざまなことが頭に思い浮かんでは、どうしたら今月の資金繰りを乗り越えることができるものかと思案することも。。。

そもそも、「資金繰りの相談」とういよりも、実際には、相談するという次元ではなく、今すぐにでも審査してもらえて、希望融資額にできるかぎり近い資金繰りができることを切望されているケースが大半かもしれませんね。

続きを読む

資金繰りのコツとは? 選択肢を広げること

資金繰りのコツとは? 選択肢を広げること

続きを読む